代表挨拶・会社概要

代表挨拶

子ども一人一人が自立できる能力を身につけるために

今、この日本の最も重要な課題は何かと言えば、それは教育に関する事ではないかと思います。子どもはこの国の宝だからであります。
皆さんもご存知のこととは思いますが、最近学校で以前には想像のできないような事件が多発しております。心が痛みます。
現在、全国では約13万人の不登校の児童・生徒が居ります。そのほかに何らかの問題や悩みをかかえている児童や生徒のことを考えれば、これはもう放置できない事であります。その多くは、離婚や家庭不和、家庭内の人間関係の崩壊、そして社会環境にあります。
それでは、どうすればよいのか。このまま座視していいのか。
私はいわゆる教育の専門家ではありませんが、教育関係に関わる仕事をしており、教育の現場と直接接触しているうちに、意外と教育に内在するものが見えてくるものです。対策にはいろいろありましょうが、私が考える一番の解決策は、学力の向上ということに尽きると思います。

その為に私は「学習システム・メビウス」で全国展開の販売をしております。
簡単に申しますと、検査システムにより、個々のカルテを作成して、それぞれの特長と弱点を見つけ出して、それを補強するということです。
現在の学校教育では「教え方」に重点が置かれており、観念的、抽象的すぎて、練習すること、弱点の改善といった基本的・具体的なことには、あまり重点が置かれていないようであります。小・中の9年間、苦労しているわりに成果があがっていないのは、訓練ができていない故だろうと思います。 成果があがれば自信を持ち、興味がわき、さらなる目標ができると言うわけです。

子どもは生まれた時は、皆いっしょのスタートラインにあります。それが環境や条件や工夫・努力により、だんだん差がついてくる。東大生のほとんどは、年収1千万円以上の子弟であります。教育には金がかかる。教育投資です。これもひとつの現実です。一昔前では、お金をかけて良い大学に入り、中央官庁か大企業に就職する事が一番と言われていました。

しかし、もう今はそのような時代ではなくなりました。

それではこれからはどうなのでしょうか。子ども一人一人の自立であります。 自立ができるだけの能力を身につけることであり、そのための工夫と努力そして訓練しかありません。私は社員によく申します。「商品を売るだけの意識では駄目だ。その向こうに、子どもを大切に思い、子どもたちの自立の手助けをするのだという自負がなければならない」と。
子どもは国の宝。教育は国の力。子どもたちのほんとうの笑顔を見るのが私の願望であります。
これからも元気で、全国を行脚するつもりです。

(岡山操山ライオンズクラブ 第845回例会・スピーチより)

吉備学習システム販売株式会社 代表取締役 川上 万壽夫

 

会社概要

社名 吉備学習システム販売株式会社
代表取締役 川上 万壽夫(かわかみ・ますお)
設立 平成3年12月1日
資本金 1000万円
所在地 〒700-0055 岡山市北区西崎2丁目3番7号
電話番号 086-256-4480
FAX番号 086-256-4482
事業内容 データベース学習ソフトの販売

 

アクセスマップ

拡大地図を表示

交通案内

  • JR岡山駅西口から県道242号線を西へ車で10分
  • 備前三門駅から南西へ徒歩10分